2017年2月9日木曜日

vExpert2017受賞できました。ありがとうございます。



https://blogs.vmware.com/vmtn/2017/02/vexpert-2017-award-announcement.html


今年の受賞者について、英語で重要な事が書かれていたのでメモ。

「技術的な証明ではなくてコミュニティに影響を与えている人」であるということ。
まず啓蒙活動があり、それに伴って深い知識が当然もとめられる。
ということなんですね



「VSAN 大塚」で検索するとHitしますし、最近はこっちからオファー出さなくてもVSANで相談来ますし。。
Tシャツ作ってまでやったかいがあったなー。と思います。


で、VSANを”あえてSDS視点に絞り込んで”、お話をしていましたが
VSANが認知されたので、今年からは
フィルタで隠していた「本質」について吠えていきますよ!!

よろしくお願いします。

2017年1月31日火曜日

vSAN All-Flash for Everyone. 〜絶対にAll-Flashにしたくなる〜

前回のエントリ(http://vm-fun.blogspot.jp/2017/01/vsan.html)で予告しましたが、


STDエディションでAllFlash使えるのはvSAN6.5からと思い込んでませんか?

All-Flash使いたいけど、ESX6.0u2なので vSANはADVかぁ。。。と言うのは古いです。


なんと!!  ライセンスキーのダウングレードにて、 
 Standard with AllFlash add-on に変更することができます。

つまり、重複排除やRaid5/6が不要であれば 6.5 STD → 6.2 STD with AF が有効ともいえます。


My VMware のライセンス管理画面にて、試しにやってみました。




公式の案内(KB)はこちら
https://kb.vmware.com/kb/2148560


ドライバの対応がまだESX6.5に追いついていないなど、一世代前にダウングレードシないといけない場合でもChecksumがついてる6.2をおすすめします。

ぜひぜひ、AllFlashスゲーって体感してください!!

vSANのサイジングを考える(その2・ライセンス早見表)

vSAN STDとADV どっちがどうなの?


いままでAllFlashといえばADVだったのに、

STDでもAllFlashが使えたりしていて、どうなってるの???

という相談を受けることがあるので、やれる全パターンを出してみました。



CPU/MEMリソースから、必要なESX台数はほぼ決まっていると思いますが
可用性と性能、容量効率をどう捉えるか?でエディションの選択が決まってきます。




作ってみてわかりにくいですが、逆引きからエディション選択もしてみました。



結論は、STDでもAll-Flashが使えるので

 容量効率>性能 なら ErasureCodingが使えるADV で
 性能重視>容量 なら MirroringのSTD かなと思います。

総断言する理由は次のPOSTにて・・・